ABOUT US

目的のある防音工事を

一言で防音工事といっても、実は発生する音の種類によって工事の内容は大きく異なります。
そのため、ただ部屋一面に防音材を貼り付ければよいということはなく、お部屋の用途に合わせた工事が必要になります。
当社はこれまで、一軒家をはじめマンションや店舗、事務所、音楽スタジオなど、さまざまな場所で防音工事を手掛けて、その高い防音効果を実証してまいりました。

近所からギターの音がうるさいと言われた。
家で動画を撮影しているが、自分の声や音が漏れていないか心配。
自分の家なのに、満足に音を出せないなんて……。

そのようなお悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

防音のこだわり

ただ防音材を貼り付けるのではない、当社の防音工事に対するこだわりをご紹介します。

  • 01

    防音構造の工夫

    音には固体伝播音(床や壁が振動することで伝わる音)と空気伝播音(空気が振動することで伝わる音)の2種類があり、防音の方法もそれぞれ異なります。
    固体伝播音に対しては、床や壁、天井に防振材を使用することで振動をおさえ、振動するもの自体に防振材を使用することで解消。空気伝播音に対しては二重の防音構造を施して空気の振動をおさえるとともに、二重構造の間に空気層を作ることで遮音効果を高めます。

  • 02

    音が漏れやすい箇所も
    しっかり防音

    ドアや窓は他の防音壁に比べて軽く、薄く、隙間が多いため、そこから音が漏れてしまうことが多くあります。
    当社オリジナルの防音ドアは、マグネットパッキンなどで隙間を埋めて気密性を高めています。それだけでなく、より高い防音性能を目指し、日々防音ドアの開発に奮闘。お客様が安心して音を出せる防音環境のご提供に努めております。また、窓については二重サッシを取り付けることで、固体伝播音と空気伝播音の両方を防いでいます。

  • 03

    防音材を組み合わせる

    室内で発生した音の一部は反射し、一部は壁を通り抜けていきます。遮音材は室内で発生した音が外に漏れるのを防いでくれるものです。しかし、音はエネルギーである以上、音が外に漏れない分、音の反射、つまり反響音が大きくなります。反響音が大きいともとの音が聞こえにくくなるなどの問題が生じてしまうため、当社はさらに吸音材を組み合わせた防音工事を実施しております。
    吸音材は、反響音のエネルギーを減衰させる効果があり、遮音材と組み合わせることで音を外部に漏らさず、かつ適正な反響音に調整することが可能です。さらに、当社では音が発生する原因となる振動をおさえるための防振材を使用した防音工事も行っております。

  • 04

    用途に合わせた施工

    音は大きさだけでなく高低もあります。高音は防音しやすく、低音であるほど防音しにくいといわれており、防音効果を高めるためには、その音の高低に合わせた調整が必要です。
    当社では施工前にお部屋でどのような音を発するか(どんな楽器を使うかなど)を詳しく確認し、お部屋の用途に適した防音工事を実施します。
    さらに、お引き渡し前には音響測定・音響調整を行いますので、より高い防音効果が期待できます。

所在地
【本社】
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島5-6-16
新大阪大日ビル1002号

【設計・デザイン室】
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-26
西八千代ビル 5F-B号室

【防音工事ショールーム】
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島5-6-16
新大阪大日ビル1002号
営業時間
9:00~17:00
定休日
日曜・祝日
電話番号
0120-218-886
06-6195-2956
FAX番号
06-6195-2957
資本金
500万円
許可番号
大阪府知事許可(般-30)第149809号